相互リンクで大失敗!?ブログが消えた・・・

Stop - road sign on a blue background

相互リンクでアクセスアップは昔の話

最近、私のブログに相互リンクの依頼がくるようになりました。

未だに相互リンクでアクセスアップを狙う考えがいる事自体、正直驚きを隠せません。

結論から言うと、相互リンクでアクセスアップを図る安易な考えは捨ててください!

 

相互リンクでアクセスアップは昔の話です!

今の時代に、何ら関係のないサイトやブログと相互リンクを行ってもSEOの効果はなく

Googleからペナルティーを受けて検索で下位表示される、もしくは削除されます!

 

 

特に初心者の方は、書店等でアフィリエイトやブログで稼ぐ関連本を購入し

そこに書かれている内容をそのまま鵜呑みにしてしまう傾向にあります。

affiliate-hon

しかし、ここが落とし穴!!

 

書店で売られているアフィリエイトなど、ネットビジネス関連の本は情報が古いものがあり

今の時代に通用しない考えやテクニックを勧めている事があります。

例えば、相互リンクもそうです!

 

少し前までは、ブログやサイトアフィリエイトはGoogle等の検索エンジンに上位表示するため

とにかく「被リンクを増やす必要がある」と言われていました。

被リンクというのは、「このブログおもしろいな、役立つな」と思った人が

自然とその人のブログでリンクを貼ってくれる自然リンクの事です。

ただ、最初の頃はまだ検索エンジンで上位表示されてない状態だと、

そもそも誰の目にも触れてないので被リンクを増やすのが難しいわけです。

 

そこで、初心者が最初にリンクを増やすためにできる事として当時勧められていたのが

相互リンクを手当たり次第、お願いする事でした!

相互リンクは文字通り、お互いにリンクし合う事です。

お願いしたい相手のブログにメールアドレスやお問い合わせフォームがあれば

そこから相互リンクのお願いをすると・・・

当時は確かに、このやり方も多少SEO的に効果がある時もありました。

 

しかし時代は流れ、リンクでSEOの効果を高める事自体が古い考えになっているんです!

そして、手当たり次第、相互リンクをする事自体が逆効果になっています。

 

同じように、相互リンクの依頼を受けた側が、その相手とリンクを貼り合うと・・

受けた側にも悪影響が出てしまいます!

 

それこそ全く悪い事をしてない、ペナルティーを一度も受けた事がない、

真面目にコツコツと記事を更新していたブログでも、

「ブログが突然、消える!」って事も当然起こりうるんです!

 

 

相互リンクの断り方

中には、取引先、お世話になってる方からの相互リンクの依頼がある方もいると思います。

そういう方は、どのようにして相互リンクを断れば良いのでしょうか?

そういう場合は、相互リンクをあえて断る必要はありません!

 

断ってお互いの関係を悪化させてしまうより、相互リンクした方が良いでしょう。

 

「でも、相互リンクすると悪影響が及ぶんじゃないの?」って思いますか?

この場合、相互リンクを行う際にnofollowのリンクを貼れば良いんです。

下記はリンクを貼る際のHTMLコードですが、ここにnofollowをつければ良いんです!

<a href=”http://www.example.com” rel=”nofollow”>相手のサイト名</a>

rel=”nofollow”という部分を貼る事で、簡単に言えば・・・

「このリンクは相互リンクですが被リンクを増やすための行為ではありませんよ!」

ってGoogleに知らせるようにしているんです。

 

あと、普通に全く面識もない人やスパマー的なブロガーが相互リンクを依頼してきたら

普通に断る必要はなく「無視する!」のが1番良いです。

 

 

内部リンクや内部対策が重要な時代!

最後に、Googleの検索エンジンのアルゴリズムにおいて今の時代、検索順位を上げるために

SEO的に効果的なのは、実は内部対策内部リンクです!

これは、どういう事かと言うと・・・

 

あなたのブログで提供している情報に興味がある人たちが求めている

価値ある情報を提供して、その都度、関連している情報が載っている

自分のブログのページにリンクする事

 

例えば、記事を書いている際に専門用語が出てきたときに過去の記事で、

その専門用語だけを詳しく説明しているページがあれば、そのページにリンクを貼ると。

 

このように内部構造を強化する事が

実は、相互リンクでアクセスアップを図るよりも

今の時代は、非常に効果的なんです!

大家兼一のプロフィール

運営者オススメの記事ランキングBEST3


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ